夫婦間の秘密

金銭感覚のズレからおこる問題

金銭感覚があわない…これは離婚の理由として上位にはいるもの。結婚前であれば、あまりお互いの収入や使い道などに関しても、そう細かく知っていることもありません。口座も別ですし、何にどれだけのお金を使っているかなんて不明。付き合っている中で、相手の金銭感覚がわかるような発言を知ったとしても、そこまでひどいもので無い限りはそう気にする事もありません。

 

ただ、それも結婚すると状況が変わってきます。相手の財布の中身が嫌でもわかります。なぜなら、それが自分自身の生活に直接関ってくるから。ですから、結婚した後で、相手の金銭感覚がわかってきた…なんてことは少なくないのです。

 

どんなに幸せで好きな気持ちが強くても、この金銭感覚において意見が食い違うと激しい喧嘩に発展してしまうことも。そして、ひどくなると離婚を意識するにまでなってしまいます。ただし、金銭感覚がピタリと一致するなんて、そう簡単に起こることはありません。近い感覚を持つ人はいても、完璧にあわせるのは難しく、多少のズレは認められるようにしなければいけないのです。


夫婦間でルールを作る

金銭感覚の違いが原因で離婚にで発展してしまった…なんてケースも少なくないのですが、それを避けるには、まずは夫婦でよく話し合うことが必要となります。

 

共働きであれば、お互いの収入はもちろん支出がわかるように共有できるようにしておくのがいいでしょう。大体において妻お金を管理することが多く、その内訳を夫は知らない…なんてことが多いのですが、そういった不透明な事がないようにします。
また、何にお金をかけるかをしっかりとシュミレーションしておきます。お互いの趣味の部分などは意見や価値観が分かれて喧嘩になってしまいがちですが、まずは相手の意見を尊重してある程度は譲歩するようにしましょう。

 

毎月の食事や電気、ガス、水道など…決まったものに対してだけでなく、衝動買いや借金、ボーナスなどの臨時収入についても話し合っておくとさらに良いです。
特に衝動買いが原因となって喧嘩してしまうケースが多いですが、どこまでなら許せるかのボーダーラインをしっかりと作っておきます。
家や車など、自分達が作った借金ならまだしも、友人から頼まれた連帯保証人や借金などについても、念のため確認しておきましょう。ならないのが一番ですが、そうともいえない場合もあります。そんな時はいくらまでいいのか、どう対応するのかを決めておきましょう。
そしてボーナスなどの臨時収入の使い道を決めておくのも必須です。

 

どちらがお金を管理するかは、特に大きな問題ではありません。問題なのが、その支出や収入が不透明になってしまっていることです。見直しのチャンスにもなりますので、定期的に家計の見直しをするようにしましょう。まかせっきりにするのではなく、しっかりとお互いに納得した形で管理していくようにすると、お金の問題もそうそう起こらなくなります。上手に二人で管理して、不満がたまらないようにしていきたいですね。