夫婦間の秘密

夫婦喧嘩に持ち込むNG!な話題

妻や夫に、なにか隠し事がある…それに気が付いたときのショックは計り知れないものとなります。一生、一緒に過ごすのですから、できればオープンにしていてほしいもの。気になってしまって、あれこれと嫌なことばかり考えてしまいます。

 

アレコレと想像して気持ちを暗くするぐらいなら、ここは思い切って聞いてしまった方が早い…とばかりに探り出そうとする人もいますが、必ずしも話してくれるとは限りません。頑なにウソを貫き通し、秘密を守ろうとする人もいますね。そういった態度をとられると、ますます気になってしまい、あらぬ疑いの気持ちが強くなってきます。

 

そういった状況になったとき、つい関係のないこと…つまりは、日頃から心の中で不満に思っていたことをぶちまけてしまうこともあります。些細な一言が相手の逆鱗に触れてしまい、気が付けば取り返しのつかない事態にまで発展していた…なんてことにも。特に、次にことは持ち出さないようにしましょう。

 

○両親の悪口
基本的に、誰だって自分の両親は大事です。ですから、その両親のことを悪く言われたら、誰だってムカッとします。特に夫のほうにはガツンとくるようです。

 

○収入
毎月の収入は固定されているだけに、そう簡単に上げることはできません。どちらかというと妻の方が持ち出しやすいネタですが、夫からしてみればデリケートな部分であり、その悔しさは大きなものとなりますので注意しましょう。

 

○過去
付き合っていた若い頃のことや、以前付き合っていた彼氏または彼女と比べるような発言はNG。また、今目の前のある問題に対して、もう終わったはずの問題を持ち込むのもNG。

 

些細な事きっかけでおこった夫婦喧嘩。言葉一つで簡単に事を大きくすることができますので、くれぐれも気をつけたいもの。相手をむやみやたらに傷つけるようなことはしないようにしたいですね。


一番大事なことは、秘密をもたないこと

夫婦とは、元は赤の他人です。それが好きで一緒に暮らし始めた関係。ですから、生活を共にすることで気が付く面というのはあり…こんなはずじゃなかった、なんて思うこともでてきます。その不満を上手に消化することができればそう問題でもないのでしょうが、できなかったら最悪。相手への不満が蓄積されていき、爆発して喧嘩。ついには離婚…なんてことにも。そうならないためには、ちょっとした心がけが大事なものとなります。

 

一番に大事なことは、隠し事をしないことです。誰だって隠し事をされたら嫌ですし、信頼関係も大きく揺らいでしまうものとなります。隠されているほうとしては疑う気持ちが強くなりますし、隠しているほうとしても後ろめたい気持ちでいっぱいに…。特別な事情がない限り、隠し事をして良い事なんて一つもないのです。

 

隠し事はさまざまな夫婦問題へと発展、悪化させます。出来る限り、正直に話すようにしたほうがいいでしょう。それが、夫婦円満、いつまでも相手を信頼していけることになります。最近では、離婚の回数が多くなっているようですが、それはあまりにも容易すぎるもの。結婚したときの事を思い出して、大変なことも夫婦で乗り越えていくようにしたいものです。